【支部メンバーインタビュー】第5回・田中沙綾子さん

こんにちは、エンカレッジ ICU支部です! ICUの皆さんにエンカレICU支部のことをより知ってもらうために、何回かに分けて支部メンバーのインタビューを掲載します。第5回目はイベント担当の田中沙綾子さんです。

 

―まず自己紹介をお願いします!

エンカレッジICU支部でイベント担当をしている、田中沙綾子です。ICUでは3年間、ICU祭実行委員会に所属してきて、3年目には幹部も務めました。趣味はランニングで、最近の自慢はホノルルマラソンを42キロ完走できたことです。

 

―42キロはすごいですね! イベント担当ということですが、具体的にどういった業務を担当されているのですか?

イベントの内容を決めるというよりかは、どちらかというと運営的なことを担当しています。具体的にはアンケートを作ったりだとか、イベントのことについて話し合うミーティングの進行役を務めたりとか、イベントを進行する上での役割分担をしたりとか、そういうことです。

ちなみに、イベントの内容は前回のイベントのアンケート結果を踏まえた上で、全員で話し合って決めています。

 

―活動を始めようと思ったきっかけを教えていただけますか?

自分が就活をしているとき、「ICU生って縦の繋がりがあんまりないな」ってことを感じました。就活は「情報を持っているか否か」が大事になってくると思うんですが、すでに就活を経験した先輩たちからの情報ってICUにおいては思いのほか取りにくいなあと感じ、なんとかできないかと考えていました。そんなときエンカレの話を聞き、活動を通して後輩たちに自分が経験してきたことを話す場を提供できるんじゃないかと思い、始めました。  

 

―活動に関して、今後への展望を教えてください。

イベントを通して、エンカレッジの存在を色んな人に知ってもらいたいと言うのが第一にあります。というのも、イベントは面談と違って「開かれている」ものなので、エンカレの存在をICU生に知ってもらう一番のチャンスだと思うからです。

かつ、イベントは就活生と18を繋げる大きなチャンスだと思っているので、今後の展望としては、「今就活生がどういうことを求めているのか」ということをより詳しく察知した上で、効果があるイベントを開催できたらいいなあと考えています。  

 

―話は変わりますが、田中さんご自身はどのような就活をされてきたのですか?

いろんな業界を見ていたんですが、最終的には金融業界に行くことにしました。  

私はかなり多くの数のインターンに参加していました。というのも、業界ですごく迷っていたので、インターンにとりあえずいっぱい行ってみて、それでどんどん絞っていった感じです。

全体的に振り返ると、3月に説明会行って、4月にES書いて、5月にOB・OG訪問をして、6月に面接をして、みたいな「典型的な就活」をしていたと感じます。  

 

―振り返って反省点などはありますか?

インターネットとか色々なところに出回っていた「こうすれば受かる」みたいな就活ノウハウに気を取られて、「自分が本当に何をしたいのか」というのを最後の最後に見失ってしまったという思いがあります。なので、自分が本当に何をしたいのかを一からしっかり考えて、それを貫くことができていたらよかったのに、と反省します。

 

 ―最後に一言お願いします!

エンカレッジで活動できるのも、「内定者」という肩書でいれるもの、あと少ししかないので、この残り少ない時間を活かして、イベント担当として就活生にとってのメリットになるイベントを開催できたらいいなと思っています。同時に、もっとエンカレッジの存在を色んな人に知ってもらって、ICUの中に浸透させて、後輩が情報をゲットできるチャンスが広がればいいなあと考えています。頑張ります!

 

――ありがとうございました。 

f:id:encourage-icu-2017:20180212214048j:plain